【自分用メモ】CentOSの時刻を日本時間に

まずは確認を

cat /etc/sysconfig/clock
何も見つかりませんとのこと^^
デフォだとファイル自体ないんですね、了解しましたわ

vim /etc/sysconfig/clock
以下を挿入
ZONE=”Asia/Tokyo”
UTC=false

保存して終了させる
そしてlnコマンドで紐付けして
ln -s -f /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

うぃ終了!

dateコマンドで現在時刻を確認して終了。

時間がないのでこういう単発のものをひょこっと更新したくなりましたよん

自分用メモ_近々の復習内容

とにもかくにもlogが大事。

ということで
CentOSのlogの設定に1記事
(logローテーション周りも含めて)

apache、MySQLのlogに1記事
(バーチャルホストのlog振り分けも兼ねて)

画面キャプチャを見返さなきゃ

優先順位は2~3なので遅くなるかな〜